資産運用 de 比較サイト

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

資産運用比較~レアメタル

レアメタルとは地球上において希少であり有用な資源である。このレアメタルへの投資が最近話題になっています。現代に欠かせないもの携帯電話や車、家電においてレアメタルは少なからず使われています。そのレアメタル、日本では全くといっていいほど取れません。そもそも日本は資源に乏しい国なので輸入でそれらを補ってきました。さてそのレアメタルなんですが現代の最新機器にかかせないこともあって価値が上昇しているのです。そこで非鉄金属の企業への投資や、レアメタルの売買で資産運用をしている人が増えています。最近携帯電話の高価買取などの広告をよく見るように、日本は資源が乏しい国である一方、パソコンや携帯電話などの精密機器に埋もれているレアメタルの資源は相当な量だそうです。

このようなレアメタルの価値の沸騰により、JASDAQに上場している新興企業への投資で資産を増やした人も多かったようです。このようなメタルの価値などはファンダメンタルズ分析が重要になってきます。

予断ですがこのレアメタル、北朝鮮に多く埋蔵されていると噂されています。貧困に苦しむ北朝鮮ですがこのレアメタルによって何かが変わってくるかもしれません。また北朝鮮がもし崩壊するようなことがあれば、中国やロシアなどは資源を狙ってくることは確かでしょう。貧困であった国が裕福な国へと変わるとどうかわるんでしょうかね。もちろんレアメタルの価値がこれからもあるということ前提ですが。まだまだレアメタルの価値に目が離せません。

資産運用比較~海外ファンド投資

今回ご紹介する資産運用比較は、『海外ファンド投資』です。ファンドとは投資信託のことですが、日本の投資信託と比較してどのような違いがあるのでしょうか。(とくに株初心者の人手FXスワップ運用を投資信託のことだと勘違いしている人がいますが、これは間違いです。)

[資産運用比較~海外ファンド]
海外ファンドとは、海外の投資信託のこと。一般的な投資信託と同じく、海外ファンドは海外の企業の株式や債券のセットを投資のプロが運用します。日本で「海外ファンド」と言えば、日本国内で設定され、海外市場に投資している国内籍投資信託か、もしくはケイマン諸島などのオフショア(タックス・ヘイブン)に設立され、日本の金融機関を通じ販売されている外国籍投資信託を指すのが一般的です。

しかし、最近では香港などの海外に口座を開設してファンドを買うという海外ファンドも増えてきています。特に、日本から飛行機で4時間程度の距離にある香港は、金融商品規制が緩いため、香港に口座を開いて世界中のファンドに投資することが可能です。言葉の問題も含めてハードルが高いと思われがちな海外ファンド購入ですが、最近は、個人を対象にした海外ファンド投資の「コンサルタント」を介して投資する日本人が増えているといわれています。

[資産運用比較~オフショアとは?]
外国の投資家や企業の資産管理を受け入れる金融機関や市場を指し、おおむね「タックス・ヘイヴン(租税回避地)」と同義語として使用されます。法律の適用状態が緩やかで、資産や投資活動に対する課税がないか、少額で政治情勢も安定している場所が選ばれます。

資産運用比較~外国為替証拠金取引(FX)

前回紹介した外貨預金と同様に、外国為替を利用した資産運用が、外国為替証拠金取引(FX)です。両者は外国為替を取り扱う点では同じですが、違いもあります。今回は外貨預金と比較してFXの特徴をご紹介したいと思います。

[資産運用比較~外国為替とは?]
日本の円、アメリカのドル、イギリスのポンド、スイスのフランというように、世界の各国はそれぞれ自国通貨を持っています。それらの異なる通貨を交換することを、一般に外国為替と呼んでいます。

[資産運用比較~外国為替証拠金取引とは?]
FXとは「Foreign eXchange」の略で、証券会社やFX業者に証拠金を預けて、ドルやユーロなど異なる国の通貨を売買して、為替相場の変動によって出る差額で利益を得る投資商品のことです。

[資産運用比較~FXの魅力#1]
外貨預金と比較した違いは、証券会社やFX業者に預ける金額の数倍~数十倍のお金を運用できる点です。投資家は預けた「証拠金」を担保にして、証拠金の数倍~数十倍という資産運用ができるようになるのです。これがレバレッジ効果と呼ばれるFXの特徴の一つです。

[資産運用比較~FXの魅力#2]
日本と通貨発行国の金利差のことをFXではスワップといいます。日本円の金利より高い外貨を購入した場合、両国の金利差がスワップポイントとして金利収入のように受け取ることが出来ます。外貨預金と比較して、FXではスワップポイントにもレバレッジがかかるので、運用効率が高い特徴があります。(詳しくは「FX スワップ」でネット検索するとたくさんのサイトが出てきますね。)

資産運用比較~外貨預金

今回の資産運用比較は、『外貨預金』です。資産運用の初心者にも比較的取り組みやすい資産運用として人気があります。

[資産運用比較~外貨預金とは?]
外貨預金とは、簡単に説明すると「外国の通貨で預金をすること」です。一般的な「普通預金」や「定期預金」とは違って、日本円ではなく米ドルやユーロなどの外国の通貨で預金をすることだと思えばいいでしょう。

[資産運用比較~外貨預金の魅力]
現在、日本の金利は超低金利となっているため、「銀行に預金をしてもまったく利息がつかないし、ATMの時間外手数料や振込手数料の方が多くかかってしまう……」と思っている方は非常に多いと思います。

そんな中、世界に目を向けて日本の金利と比較すると圧倒的に高いことがわかると思います。日本円で預けているよりも金利が圧倒的に高いこと、株式投資やFX(外国為替証拠金取引)と違って仕組みが簡単なこともあって資産運用の初心者の方の外貨預金人気へとつながっていると思われます。

[資産運用比較~外貨預金の仕組み]
外国の通貨を買うことから始まり、高金利で資産を増やし、最後に日本円に戻すという流れになります。銀行等で日本円から外貨を買う場合、それぞれの通貨毎の手数料、日本円に戻す際にもまた手数料がかかります。

[資産運用比較~外貨預金のリスク]
外貨預金は外国の通貨で運用するので、購入時と円転時の為替レートの変動によるリスクがあります。購入時の為替相場と比較して、円転時の為替相場が円安だった場合には『為替差益』が生じますが、逆に円高だった場合には『為替差損』が生じ、元本割れするケースもあります。

資産運用比較~投資信託#3

投資信託比較の最後として今回は投資信託の選び方や他の資産運用方法との比較についてまとめてみましょう。選び方としては、投信ランキングを参考にする方法もありますが、投資スタイルに合わせていく方法もあります。

[資産運用比較~銀行預金との比較]
銀行預金は、預金として集めたお金をひとまとめにして企業や個人に貸し出します。その利息が銀行の収入源のひとつですが、銀行の収入に関わらず預金者への支払い利子は変わりません。

銀行預金と比較して、投資信託は集めたお金を投資して増やすという目的は同じですが、一定の利子を目標とすることがあっても約束をすることはありません。しかし、集めたお金が増大すれば銀行よりも大きなリターンを手に入れる可能性があります。

投資信託には集めたお金が減ってしまうというリスク、さらに元本割れしてしまうリスクもあります。

[資産運用比較~株式投資との比較]
現在、個人が株式投資をする環境はネットの普及や手数料の自由化により整っていますが、情報収集などの労力はかかってしまいます。それと比較して、投資信託はプロのファンドマネージャーが運用していきますので、個人で詳しく調べる必要はありませんので、投資に掛かる労力を大幅にカットできるというメリットがあります。

個人で株式投資しようと思うと、投資したい企業の財務状況などたくさんの情報を調べなければいけませんが、ファンドマネージャーにはいろいろなバックアップがあります。投資信託は、ファンドマネージャーにお金を預け運用してもらうことで時間的余裕を持つことも可能になります。

資産運用比較~投資信託#2

前回に引き続いて資産運用比較として、『投資信託』を取り上げます。資産運用方法の中でも、国債と並んでメジャーな商品といえる投資信託ですが、他の資産運用方法と比較してどのような特徴があるのでしょうか。比較してみましょう。

[資産運用比較~投資信託の仕組み]
投資信託は、『販売会社』と『投資信託会社』と『信託銀行』の3つで運用されています。

投資家⇔販売会社⇔投資信託会社⇔信託銀行⇔株式・債券等

(1.)投資家が販売会社で投資信託を購入
(2.)投資信託会社は、投資信託を作成して運用を信託銀行に依頼
(3.)信託銀行は投資信託会社に従って、株式や債券などに投資

[資産運用比較~株式投資信託]
株式投資信託は、株式を組入れることができる投資信託のこと。

[資産運用比較~公社債投資信託]
公社債投資信託は、株式を一切組入れず、公社債を中心に運用される投資信託のこと。

[資産運用比較~単位型と追加型]
「単位型」は、募集期間が決まっていてそのときでないと購入できない投資信託のことで、「追加型」は、いつでも購入できる商品のこと。追加型は英語で「オープン」とも言われます。

[資産運用比較~インデックス型とアクティブ型]
インデックス型とは、ベンチマーク(経済指標)と連動させるように運用するタイプ。運用に手間暇が掛からないので、信託報酬等の手数料が安いのが魅力。アクティブ型とは、ベンチマークに勝つようにファンドマネージャー等が運用を頑張るタイプ。信託報酬等の手数料はインデックス型よりも高くなる傾向があります。

資産運用比較~投資信託#1

資産運用比較として、今回は『投資信託』についてまとめていきましょう。資産運用方法の中でも、国債と並んでメジャーな商品といえる投資信託ですが、そもそもどのようなものなのでしょうか。比較していきましょう。

[資産運用比較~投資信託とは?]
投資信託とは、多数の投資家から集められたお金をひとまとめ(ファンド)にし、それを運用のプロであるファンドマネージャーが株や債権などの金融市場で運用、その成果を投資家へ還元するという金融商品です。

[資産運用比較~投資信託の魅力]
投資信託は、国内に限らず国外の株・債権・公社債や、為替市場などありとあらゆる市場を運用の対象としており、個人投資家が興味のある投資先へ簡単に、しかも少額から始めることができるメリットがあります。

[資産運用比較~投資信託のリスク]
◆価格変動リスク
将来的に資産が増えずに減ってしまう可能性。投資信託に限らず、投資全般にあるリスクのこと。

◆信用リスク
投資先の企業の倒産など、企業の経営状況による信用度の差によるリスク。投資信託の場合、ファンドマネージャーやアナリストのプロによって詳しく調べられているので、個人で負担する信用リスクよりも少なくなります。

◆流動性リスク
換金をしようとした際、売買が活発に行われていなかった為に換金できなかったなどの換金性リスク。投資信託で流動性リスクがあるのは、ある一定期間しか購入・解約ができないファンドを購入した場合に限られると思います。

資産運用比較~国債

資産運用比較として、今回は『国債』についてまとめていきましょう。資産運用方法の中でもメジャーな商品といえる国債ですが、そもそもどのようなものなのでしょうか。比較していきましょう。

[資産運用比較~国債]
国債とは、国が必要資金を調達するときに、借り入れ証書として発行する債券のことです。国が国民(投資家)からお金を借りる際の証拠として発行する証券のことです。つまり、国債とは国の借金のことなのです。

[資産運用比較~国債の種類]
国の収入(歳入)のうち税収では足りない場合に、その赤字を埋めるために発行される「赤字国債」と橋や道路などを建設するために発行される「建設国債」があります。

満期(償還期間)によっても、短期国債(1年以内)、中期国債(2~4年)、長期国債(5~10年)、超長期国債(10年以上)と分けられます。一般的な国債は、個人向け国債変動10年と個人向け国債固定5年が大半を占めます。

[資産運用比較~国債と預貯金比較]
一般的に国債と銀行の預貯金を比較した場合、国債の方が利率が高くなります。国債も預貯金もお金を貸して、利息をもらうという点では同じなのですが、利率の違いはどこからくるのでしょうか。

銀行は、顧客から預かった(借りた)お金を、国や企業などに「又貸し」しています。預金の場合には、この銀行が仲介するため銀行の取り分が発生します。国債は国に直接貸し出す分、仲介マージンが発生しないため、利率が高くなるのです。

資産運用比較~ポートフォリオ運用

資産運用を始める前に知っておきたいのが、『ポートフォリオ』です。ポートフォリオとは、日本語に訳すと「目録」といった意味になりますが、一般的には分散投資した資産の組合せのことをいいます。分散投資とは、投資リスクを軽減させるために、いくつかの銘柄や金融商品に分けて投資したり、 金融商品を購入する時期をずらしたりすることをいいます。

例えば、1つの金融商品だけに集中するのではなく、 株式、債券、不動産、為替、定期預金など複数に分散して資産運用することで、仮にそのうちの1つが値下がりしても他のものでカバーすることができるリスクヘッジとなります。

[資産運用比較~ポートフォリオ]
ポートフォリオとは、資産運用の金融商品の組合せのことです。分散投資をした結果の資産目録がポートフォリオと呼ばれ、ポートフォリオの配分は、投資スタイルによって変わってきます。

[資産運用比較~流動性資産]
1年以内に換金できる資産 → 近々使う予定がある資金の運用
(例:普通預金など)

[資産運用比較~安定性資産]
元金の安全性が高く、金利収入を目的とした資産 → 将来的に使う目的が予定されている資金の運用
(例:定期預金など)

[資産運用比較~収益性資産]
価格変動のリスクはあるが、値上がり益を追求する資産 → 余裕資金や将来に備える資金の運用
(例:投資信託・外貨定期預金など)

資産運用を始める際には、金融商品それぞれの性格を知って自分に合ったポートフォリオを作ることから始めます。闇雲にハイリスク・ハイリターンの商品を買い漁ったり、リスクを恐れて利率の低い商品だけを揃えたり、では効果的な資産運用は出来ません。

資産運用の方法比較

資産運用は、資産を増やすのが目的です。その方法にはどのようなものがあるのでしょうか。イロイロと資産運用の方法を比較していってみましょう。

[資産運用比較|収入を増やす]
まず、お金を増やす方法として思いつくのは、「収入を増やす」ことです。会社勤めの方なら出世して昇給したり、給料の高い会社に転職する方法もあります。本業の他に副業で収入を増やすという方法もありますね。

しかし、給料が右肩上がりで増えていくご時勢ではありませんし、転職や副業を自由にできる人ばかりではありません。

[資産運用比較|支出を減らす]
収入が増えないなら、次は節約して支出を抑える方法があります。お金を貯めるために節約は欠かせませんが、節約するだけでは限界があります。さらに、お子さんのいるご家庭であれば、イベント毎に支出がありますし、年齢が上がると支出の額も増えますので、節約だけでは厳しいものがあります。

[資産運用比較|資産運用の方法]
こう考えてくると、資産運用は不可欠といえるでしょう。そんな資産運用にはいろいろな方法があり、運用対象先もさまざまです。例えば、金融商品を利用する場合、預貯金から株式、投資信託、外貨預金、保険など、金融商品以外でも、マイホームや投資用マンションなどの不動産投資、金やプラチナなどのレアメタルに投資する方法もあります。

金融商品には、それぞれメリット・デメリットがあって一概に何が良いかということは言えません。まずは、資産運用方法を勉強していきましょう。

経済